【ハウスクリーニング業でうまくいかない方へ】

~もっとスキルを上げたい!リピーターを獲得したい!という方にも~


長年ハウスクリーニング業界にいると、新規参入される方が、参入後1年も経たないうちに異業種へ移って行かれるのをよく目にします。


背景には
①思った以上に売上が上がらない
②リピートを獲得できない
③想像以上に体がしんどい


それ以外の理由もあろうかと思いますが、この3つが大きな理由だと思います。ただ一方で「お金をいただいておきながら、心底『ありがとう』って言ってもらえた、喜んでいただいた」ということで、後ろ髪を引かれる想いで、ハウスクリーニング業界を去られる方も多くいらっしゃいます。


わたしたちは幸いにして、多くの顧客を獲得し、たくさんの「ありがとう」を頂戴しております。愚直に「お客様のために」という気持ちでやってきたのも事実ですが、それだけでなく、そこには一定のノウハウがあるからです。しかもそのノウハウは、訓練すれば身に着けられることが多いものばかりです。


もし、「ハウスクリーニング業がうまくいかない」と悩まれている方がいらっしゃるなら、業界を去ることを考える前に、我々との時間を共有してみませんか?


我々が培ってきたハウスクリーニング業のノウハウをお伝えし、習得されることで、きっと現状を打破できるのではないかと思います。


うまくいかない方の特徴として一例を挙げると
①得意分野がない
傾向:ハウスクリーニングサービスの主サービスであるエアコン、レンジフード、浴室などで、お客様に20分以上説明できるほどの専門知識がなく、応用力がない。

②コミュニケーションに前向きでない
傾向:お客様に「お客様が知りたいこと」を説明しようという気持ちがなく、自分が伝えたいことだけを言う。またはそれすらなく「おそうじすればいい」という職人気質が強い。

③その他、決まったパターンというか傾向がいくつかあります。


ここで押さえておきたいのは、傾向が分かれば対策を打てばよく、その訓練を反復し習得すれば、今ご自身が抱えている問題が解消するということです。ノウハウを身に着けさえすれば、今悩まれていることがスッキリ解消し、ハウスクリーニング業界で自分の居場所をしっかりと築き上げることができます。


まずはお電話でもメールでも構いません。あなたの声をお聞かせください。


わたしたちは、今この瞬間、ハウスクリーニング業界に共に身を置いていることに縁を感じますし、一緒に盛り上げていきたいという気持ちを持っています。そして何よりも、わたしたちと一緒に歩んでくれる仲間を探しています。どういう形であれ、一緒に仕事ができたらいいですね。ご連絡をお待ちしております。


抗菌、殺菌消毒、除菌 ってなんでしょうか?

ドラッグストアで買い物をしていると、
「梅雨」のジメジメした季節の対策! の看板を目にし
洗濯物の部屋干しには○○○○(商品名)で!
と大きく謳ってありました。


その理由は抗菌洗浄で菌を抑えます!ということでした。


その横で食中毒を防ぐとして
キッチン、リビングテーブルの除菌に効果的です!と
除菌シートが売られていたのですが、
ふと考えると双方とも菌を退治して安全な生活が送れるようと
いう意味だと思いますが違いは?


抗菌と除菌はどう違うのか、どちらがより清潔なのかと思い
その違いに関して少し豆知識をお伝えします。


抗菌とは・・・

菌の繁殖を防止するという意味。しかも抗菌の対象を細菌のみ
菌を殺したり減少させるのではなく、繁殖を防止する


除菌とは・・・

物体や空間などから増殖可能な細菌の数を、有効数減少させること


いろいろな分野にて用語が使い分けられているようですが
さらに菌を制御する用語について


滅菌・・・

すべての菌を死滅、除去することで、日本薬局方では微生物の生存する
確率が100万分の1以下になること


殺菌・・・

菌を死滅させる意味だが、殺す対象や殺した程度など含まないためその
一部を殺しただけでも殺菌とされる


言葉のイメージが先行している部分もありますので、抗菌だから安心だ
とか殺菌してあるから菌はいないというわけではないようです。


アズマのおそうじ塾ではキレイにするだけではなく、お掃除に関わる
いろいろな知識もお伝えするようにしています。


お客様とお話することにも役立ちますからね。