何を想うか・・・

同じ作業をするにしても、「何を想いながら作業をするのか」でその成果が変わってきます。

何も考えず、単に汚れを落とすのか、それとも、どうやればもっと早く落とすことができるのかを考えながら汚れを落とすのか・・・。

瞬間で見たら、その違いはそんなにないかもしれません。でもひと月経ち、ふた月経ち、一年が経つ頃には大きな違いとなって現れます。

時間はある意味怖いですね。

実際の現場でホームクリーニングをやっていると、もっとも基本的なところが欠けている業者をよく見ます。

「何のためにクリーニングしているのか」

答えは簡単。

「お客様のため」。

言葉にするのはたやすいです。でもその実践の積み重ねがサービスに現れます。

塾生にはこの点を口を酸っぱくして伝えているところです。